読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デイサービス長老大学のブログ

高齢者が若者を支える。高齢者と共に未来を創る。逆支援型デイサービス 長老大学 のブログです。

素手で鹿を捕まえた思い出

昔の暮らし 聞き書き 高知・嶺北・本山町

 

 

f:id:sawamoto482:20170223122913p:plain

こんにちは。

デイサービス長老大学  代表の澤本洋介(@sawamoto482)です。

今日はご利用者さんからお聞きした「鹿を素手で捕えたお話」をご紹介します。
笑顔で何度も繰り返してくださるお話です。凄いです。
お聞きする度にその時の興奮が伝わってきて、私達も楽しくなります^^


素手で鹿を捕まえた思い出

猟に行って大杉の国道を歩きよったらね、鹿が向こうから川を渡ってきたのよ。

向こうで猟師が追いよったもんじゃね。

川を渡って国道まで上がってきたもんじゃから、こりゃ抑えちゃろうと思って。

こんなく(所)じゃ鉄砲は撃てんけね。

3人ばあ居ったけんど、ワシが最初に抑えた(笑)

 

-僕なら鹿が来たらびっくりして逃げると思うんですけど(笑)
Yさんは「よし!抑えちゃろ!」て思ったんですか?

 

そうそう(笑)

まだ若かったけ、みんなまだ若かった。

 

-鹿はオスでしたかメスでしたか?

 

オスやったと思う。

 

-オスだったら角もあるし危ないですね。

凄い勢いで飛ばされたりケガしませんでしたか?

 

 飛ばされるどころじゃない。人間は簡単に転ぶね。

けんど幸せなことにケガはせんかった。

 

-角があるから横から抑えないと危ないですよね。

 

さあ、どうじゃったろ?

3人がかりで押さえ込んで。

国道じゃけ、通りががった車の人も手伝ってくれた。

 

-通りがかりの人も凄いですね(笑)

最後はどうやって仕留めたんですか?

 

国道じゃけ鉄砲打つわけにはいかんしね。

元々追いよった大杉の人らがすぐに来て、短刀で突いたわ。

 

-大杉の人は短刀を持ってたんですね。

 

 猟師はたいがい持っちゅうけ。

持っちょらんとはじまらん。

 

-仕留めた鹿はどうされたんですか?

 

大杉の人にあげたと思う。

大杉の人らが追いよった鹿じゃけ、私らが取るわけにはいかんけね(笑)

 

-素手で鹿を捕まえるとは凄いですね。

 

これは珍しいと思う。

 古田ではキジも手で捕まえたことがある。

 

-キジも素手で捕まえたんですか!?

 

そうそう。

キジを抑えるのも難しいね。

田の岸のような所におったけね、手で抑えたのよ(笑)

犬がおって、キジが犬の方を向いちょったけ、そおっと近づいて飛びかかって抑えた。

 

-Yさん凄いですね!

 

みんなに「よう抑えたな!」とびっくりされ(笑)

キジはみんなで炊いて食べた。

 山では色々な目におうたけど、面白かった。