デイサービス長老大学のブログ

高齢者が若者を支える。高齢者と共に未来を創る。逆支援型デイサービス 長老大学 のブログです。

「麦踏み」の思い出

f:id:sawamoto482:20161013203513p:plain

こんにちは。
デイサービス長老大学 代表の澤本洋介(@sawamoto482)です。
今回は介護職員の山下さんに寄稿していただいた「麦踏み」に関するお話をご紹介します。
本人は謙遜されますが、彼女のトークを盛り上げる能力は凄いです。難聴や認知症など様々な状態のご利用者さん達の間に入ってお話を盛り上げて話題を深めることは、一対一の聞き書きとは違った難しさがあります。
歌って踊れる長老大学の爆笑王。
山下さんのお陰で長老大学は笑い声に包まれています^^


デイサービス長老大学の山下です。
今日は、ご利用者さまからお聞きした「麦踏み」のお話を紹介いたします。

 

 高知県嶺北地方は、この秋、稲の収穫の時期を迎える頃になってから雨が続き、なかなか稲が刈れなかったのですが、ようやくあちこちで稲刈りの風景が見られるようになりました。


「昔は稲刈りが終わった後、麦を撒いたよ。」

「みんなで並んで、麦を踏んだものだ」

「麦踏みの歌を歌いながら、踏んだねえ」

「パキッと折らんように踏まんといかんので、難しいのよ」

と、皆さんで話が弾みます。

 

山下「どうして、麦を踏むんですか?」

「踏んで、株を増やして収穫量を増やすのよ」

 「昔は、米の収穫量が今ほど無かった。少なかったけんねえ。麦を混ぜんと米が足らざった(足らなかった)」

「私の家では、水が無かったから米が作れなかったので、畑で麦を作ってました。米は、離れたところに田を買って、近所の人に作ってもらって、田の借り賃に米を収めてもらっていました。」

 

山下「こんな感じですか?」(足踏みしながら前に進む)

一同大爆笑!!

「違う違う!横に踏んでいくのよ」

 

山下「こうですか?」(横に小刻みに踏み踏み)

「うーん・・・ま、そんな感じやね。ハハハ・・・」

 

麦踏みは、早春の寒い時期、1~2月頃から、三回ほど繰り返し行う作業で、大変な重労働だったそうです。

麦は引き割りにしたり、押し麦にして米に混ぜて炊いて食べたそうです。

 

 今と違って、三食ご飯を食べていた時代、家族も多く、麦を混ぜないと米だけでは賄えなかったのですね。

米も今ほど収穫量が多く無く、稲刈りが終わると麦まき・・・人も田も休まず働いて・・・と、昔の嶺北の情景を思い浮かべました。

 

山下「粉にひいては使わないんですか?」

・・・・・沈黙・・・・・

「粉にするのは小麦よ。ひいて団子にするのよ。大麦は団子にはならん」

 

山下「ええっ!そうなんですか?知らなかった・・・」

 

一同またまた大爆笑!!

 

デイサービス長老大学では、ご利用者さま(長老の皆様)のお話の聞き書きを行って
います。

私の、無知さをさらけ出しながら、今日も皆様のお話をお聞きして知識を広げさせて頂いてます。